いまの時代なら「パワハラ」かも!?とビクビクする言葉が伝える成果の上がる仕事のコツ

  • 2020.01.16

《ダイジェスト》 「一日のうちに、一時間でいいので仕事をしてくれ」という言葉があります。いまの時代だと、「パワハラ」と言われるのでしょうか・・・しかし、この言葉がいまでも伝えられるには、理由があるのではないでしょうか。この言葉が「仕事」といっているのは、どういった意味だろうか?と考えてみました。     ――― ゴールを見ているウサギ 1817号――― 発行者 菊池研 プロフィ […]

「フェア前に、美容学校への営業をしたい!」と思う季節到来でしょうか?

  • 2020.01.15

《ダイジェスト》 新卒採用には、年間で季節感がありますね。いまの季節だと、「フェア前に、学校訪問したい!」と考えるサロンさんが多いのではないでしょうか。どんな関係の学校へ訪問するかによって、先生と話す内容は変わりますが、ガイダンスに出た実績のない学校へ、「ガイダンスに出たい!」と営業するなら・・・と考えてみました。     ――― ゴールを見ているウサギ 1816号――― 発行 […]

「ご質問箱」にあった「学生が入りたくなるサロンとは?」に杉乃井ホテルのニュースがはまって

  • 2020.01.14

《ダイジェスト》 ご質問箱にいただいた中に「学生が入りたくなるサロンとは?」という話がありました。そんなとき、目にした大分別府の杉乃井ホテルの10連休事例。採用の応募数が1.5倍になったそうです。やはり差別化された雇用条件って大きな要素ですね。雇用条件以外には、やはり人間関係。そして最近は、「熱」ってワードも。     ――― ゴールを見ているウサギ 1815号――― 発行者  […]

「ご質問箱」への質問を読んで感じたことは、採用でも大切ではないか

  • 2020.01.13

《ダイジェスト》 新卒採用で、学生に何を伝えればいいか、先生に何を伝えたらいいかとご質問を受けることがあります。今回、「ご質問箱」を設置しても、そういった主旨のご質問が入っておりました。学生に、先生に伝えることを考えるとき、そもそも、聞きたいと求めていることは何か?を知ることから始めるのは大切ではないかと思ったのです。     ――― ゴールを見ているウサギ 1814号――― […]

「努力」と「夢中」が勝負したら・・・採用する美容学生のタイプについて。

  • 2020.01.12

《ダイジェスト》 「努力」と「夢中」が勝負したら、「夢中」が勝つであろう。そう私は思います。努力できることって、貴重ですけどね。だけど、夢中で取り組むときのエネルギーには敵わないでしょう。となると、採用する美容学生のタイプも、そこから考えることができるのでは、と思うのです。     ――― ゴールを見ているウサギ 1813号――― 発行者 菊池研 プロフィール プロフィール 株 […]

クリーニング屋のマダム風店員さんから、いつも晴れやかな気持ちをもらう件

  • 2020.01.11

《ダイジェスト》 東京で住んでいる近所で、よく利用するクリーニング屋さん。その店員にマダム風の素晴らしい接客をする方がいます。そのかたの接客を受けるたびに、気持ちが晴れやかになる。そんな接客を、今日も受けて、ちょっと考えたことです。     ――― ゴールを見ているウサギ 1812号――― 発行者 菊池研 プロフィール プロフィール 株式会社コンプラット 代表 http://c […]

ギネス記録保持者が実践するモチベーション維持の方法とは?

  • 2020.01.10

《ダイジェスト》 なわとびの多重跳びでギネス記録を持つという日本人がいます。ギネス記録は、7重跳びだとか。自己ベストは、7.94跳び。この小数点を刻んでの記録のつけ方が、モチベーションの維持にもなっているようです。     ――― ゴールを見ているウサギ 1811号――― 発行者 菊池研 プロフィール プロフィール 株式会社コンプラット 代表 http://complat.jp […]

採用活動にもABテストの精神を取り入れてみてはどうでしょうか?

  • 2020.01.09

《ダイジェスト》 集客や採用で使用する広告。より反響のいい広告を求めてABテストをやることがあります。AとBの2パターンの広告を作って実際に告知してみる。反響のいい方を残す。これを繰り返す。つまり、「やってみないとわからない」から、やってみて反響のいいものを残していくと言う考え方。これは、新卒採用でも当てはまるのではないでしょうか。     ――― ゴールを見ているウサギ 18 […]

「安定、繋がり」から「熱」へ、美容学生の反応が変わってきている!

  • 2020.01.08

《ダイジェスト》 足利デザインの海老原先生が書いたコラム。こちらに美容学生の変化が記されています。「安定、繋がり」に反応する学生が多かった昨今、これが「熱」に反応する学生が増えてきた、という話です。この変化は、新卒採用の活動のなかで、どんなメッセージを発信していくかの変化、潮目が変わるタイミングを示しているのかもしれません。     ――― ゴールを見ているウサギ 1809号― […]

「知らない人から、いきなり電話がきたら、迷惑じゃないですか〜」にどう答えるか?

  • 2020.01.07

《ダイジェスト》 営業マンをやっている友人。もうかれこれ16年ほど、テレアポして面談して販売(契約)してということを重ねています。彼と「テレアポ」の話題に。若手の営業マンにテレアポ指導していると、「知らない人から、いきなり電話がきたら、迷惑じゃないですか〜」と声が上がるそうです。そこに対して、どう答えるか?     ――― ゴールを見ているウサギ 1808号――― 発行者 菊池 […]

1 2 77