新卒採用

1/26ページ

必要人数の新卒採用を実現する「計画の立て方」

  • 2020.01.26

《ダイジェスト》 新卒採用の計画、立てていますか?「無計画は失敗を計画する」と言われますから、計画の重要性をいうまでもないのですが・・・採用活動となると、意外と計画を立てていなかったり、あったとしてもただのガイダンススケジュールだったり・・・ほんとうに採用を成功させる計画には、何が必要だろうか?を考えてみた記事です。     ――― ゴールを見ているウサギ 1827号――― 発 […]

オーナー、経営者幹部が、リクルーターを育てる時に、何に着目すればいいか?

  • 2020.01.22

《ダイジェスト》 「リクルーターに必要なこと。」「リクルーターを若返らせたい。」こういったことを思案しているサロンさんが多くあるようです。私のような外部の人間がトレーニングするというのもありますが、オーナーや経営幹部は、どこに着目してリクルーターの育成を進めればいいのでしょうか?     ――― ゴールを見ているウサギ 1823号――― 発行者 菊池研 プロフィール プロフィー […]

美容学校への訪問のタイミングは、どうやって判断すればいいのか?

  • 2020.01.21

《ダイジェスト》 新卒採用やっていると「美容学校への訪問」が気になる季節ですね。「ご質問箱」にも、「学校訪問のサイクル、どうすればいい?」という質問がありますし、気になるテーマかと。学校の先生もお忙しいですし、闇雲に訪問するわけにもいかないですよね。じゃあ、どうやって学校訪問のタイミングを決めるのか?     ――― ゴールを見ているウサギ 1822号――― 発行者 菊池研 プ […]

すぐに「欲しがる」と、引いちゃうし、醒めちゃいますよね

  • 2020.01.18

《ダイジェスト》 美容学校の1年生との関係づくりは、どうすればいいのか?例えば、学生が10日間の実習に来る。土日など忙しい時もあるのに、どんな対応、準備をすればいいのか。ここで焦って、「採用につなげたい」という本音全開でいくと、学生も引いちゃうし、醒めちゃいます。「欲しがらない」がキーワード。     ――― ゴールを見ているウサギ 1819号――― 発行者 菊池研 プロフィー […]

美容学生向けプレゼンテーションの悩み

  • 2020.01.17

《ダイジェスト》 一恋主催のIMP。これのプレゼン補講というのが、今期からありまして。そのトレーナーを昨日、名古屋で担当。美容学生向けプレゼンテーションについて、掘り下げていく。どこに着目して練習、トレーニングに取り組むと状態するのか、その着眼点を掴んでもらう。そんな狙いでした。その講習の中で、参加者から聞けた、プレゼンへのお悩み。     ――― ゴールを見ているウサギ 18 […]

「フェア前に、美容学校への営業をしたい!」と思う季節到来でしょうか?

  • 2020.01.15

《ダイジェスト》 新卒採用には、年間で季節感がありますね。いまの季節だと、「フェア前に、学校訪問したい!」と考えるサロンさんが多いのではないでしょうか。どんな関係の学校へ訪問するかによって、先生と話す内容は変わりますが、ガイダンスに出た実績のない学校へ、「ガイダンスに出たい!」と営業するなら・・・と考えてみました。     ――― ゴールを見ているウサギ 1816号――― 発行 […]

「努力」と「夢中」が勝負したら・・・採用する美容学生のタイプについて。

  • 2020.01.12

《ダイジェスト》 「努力」と「夢中」が勝負したら、「夢中」が勝つであろう。そう私は思います。努力できることって、貴重ですけどね。だけど、夢中で取り組むときのエネルギーには敵わないでしょう。となると、採用する美容学生のタイプも、そこから考えることができるのでは、と思うのです。     ――― ゴールを見ているウサギ 1813号――― 発行者 菊池研 プロフィール プロフィール 株 […]

クリーニング屋のマダム風店員さんから、いつも晴れやかな気持ちをもらう件

  • 2020.01.11

《ダイジェスト》 東京で住んでいる近所で、よく利用するクリーニング屋さん。その店員にマダム風の素晴らしい接客をする方がいます。そのかたの接客を受けるたびに、気持ちが晴れやかになる。そんな接客を、今日も受けて、ちょっと考えたことです。     ――― ゴールを見ているウサギ 1812号――― 発行者 菊池研 プロフィール プロフィール 株式会社コンプラット 代表 http://c […]

採用活動にもABテストの精神を取り入れてみてはどうでしょうか?

  • 2020.01.09

《ダイジェスト》 集客や採用で使用する広告。より反響のいい広告を求めてABテストをやることがあります。AとBの2パターンの広告を作って実際に告知してみる。反響のいい方を残す。これを繰り返す。つまり、「やってみないとわからない」から、やってみて反響のいいものを残していくと言う考え方。これは、新卒採用でも当てはまるのではないでしょうか。     ――― ゴールを見ているウサギ 18 […]

「安定、繋がり」から「熱」へ、美容学生の反応が変わってきている!

  • 2020.01.08

《ダイジェスト》 足利デザインの海老原先生が書いたコラム。こちらに美容学生の変化が記されています。「安定、繋がり」に反応する学生が多かった昨今、これが「熱」に反応する学生が増えてきた、という話です。この変化は、新卒採用の活動のなかで、どんなメッセージを発信していくかの変化、潮目が変わるタイミングを示しているのかもしれません。     ――― ゴールを見ているウサギ 1809号― […]

1 26