カテゴリー:人材育成

2/4ページ

今日からIMP第2期スタート。このセミナーが、何のセミナーか?を改めて。

  • 2018.09.18

《ダイジェスト》 おかげさまで、今日から第2期のIMPがスタート。ダントツ塾から通算すると10期。ようやく、やっと、まだまだスタート地点というくらいですかね。このIMPというセミナーは、「人は、いつからでも、どこからでも、理想とする自分に変われる」というメッセージを込めています。どういった条件を満たせば、変わっていけるのかということも。   ―――ゴールを見ているウサギ 1331号―――    < […]

育成に必須なスキル「意図を持って接する」に必要な1つのこと

  • 2018.09.17

《ダイジェスト》 新人の育成に必要なことの1つに「意図を持って接する」というのがあります。カリキュラムがあったとしても、その一律なカリキュラムだけではなくて、個別には理解度合いや知識レベルに対応していく必要があり、それを踏まえて「意図して接する」ことが必要。そのためにコミュニケーションで求められるスキルとは。     ―――ゴールを見ているウサギ 1330号―――    <<<「人が集まる美容室」 […]

スタッフが育つために、私たち経営者、会社ができることは、このような表現になるのでは

  • 2018.09.16

《ダイジェスト》 人材育成って、言い換えるなら、どういうことなんだろうか?そんなことを日曜の朝にスタバで熱心に勉強する人たちを見ながら思いました。(笑)経営者、会社が、スタッフの成長ためにできることって、なんでしょうか?人生は、生まれ持った資質と、環境と本人の選択で決まっていくと言います。その観点から考えると。   ―――ゴールを見ているウサギ 1329号―――    <<<「人が集まる美容室」> […]

入社2年目。教える側になるとき、欲しいのは〇〇ではないでしょうか!?

  • 2018.09.13

《ダイジェスト》 入社1年目。つまり新人は、教わる側。ですが、2年目になると「教える側」に回ることが出て来ます。このときに、先輩を見よう見まねで教えるのか、自分の感覚で新卒に接して教えるのか・・・まず最初に、〇〇が必要なのではないでしょうか?   ―――ゴールを見ているウサギ 1326号―――    <<<「人が集まる美容室」>>>       発行者 コンプラット代表 菊池研 http://co […]

サロン現場のミーティングに参加して、スピード感を合わせることの重要性を再認識

  • 2018.09.12

《ダイジェスト》 サロン現場のミーティングに参加して感じたこと。ミーティング参加者は、全部で6名。私とオーナーを除けば、皆若手スタッフ。久々に参加して感じたことは、理解のスピードに合わせているかってこと。   ―――ゴールを見ているウサギ 1325号―――    <<<「人が集まる美容室」>>>       発行者 コンプラット代表 菊池研 http://complat.jp/     _____ […]

育成力の現在地を知る。これぞフィードバックです。

  • 2018.09.10

《ダイジェスト》 何ごとも現在地、いまどこにいるのか、どれくらいの力があるのか、を知ることから始まりますよね。自社の育成力を知るチャンスが、この記事の中にあります!     ―――ゴールを見ているウサギ 1323号―――    <<<「人が集まる美容室」>>>       発行者 コンプラット代表 菊池研 http://complat.jp/     ____________________   […]

人材育成のフィードバックが、その意味をなさない、効果を発揮しないとき。

  • 2018.09.09

《ダイジェスト》 セミナー受講者の感想の中に、「フィードバックで目的を見失うことなく、順調に快適に進めるように意識する。」という一節があります。これから、「そうそう、そうだよね」と思いまして、本日の記事。フィードバックって、その言葉の発祥みたいなものがありまして。それを知っておくと、フィードバックが成り立つ前提ってのがわかりやすい。 ―――ゴールを見ているウサギ 1322号―――    <<<「人 […]

サッカーで「ナイス、アシスト」とは言っても、「ナイス、ヘルプ」とは言わない。この違いの理解が育成にも活きる。

  • 2018.09.08

《ダイジェスト》 新人育成。いや、それだけでなく、人材育成全般で言えるキーワード。受講生の感想からピックアップしてみました。・ビジョンを考えてもらう・手助けする気持ちで接する・フィードバック・意図を明確に。これ、どれも大事。この記事では、ビジョンと手助けのことにフォーカスしてみた。       ―――ゴールを見ているウサギ 1321号―――    <<<「人が集まる美容室」>>>       発行 […]

人材育成は、「啐啄同機」という言葉をインストールするといいのでは。

  • 2018.09.07

《ダイジェスト》 「啐啄同機」という言葉があります。記事中に解説を引用しましたが、この言葉、まさに人の成長を考えるときにぴったりです。私は、「人材育成」に必要な考えの一つに「あきらめない」というのがあると考えています。その人の成長をあきらめない。人の内面の変化には、スピード感の違いがあります。「啐啄同機」という言葉をインストールしておくと「あきらめない」ができるのでは。       ―――ゴールを […]

ペルソナ採用と新人育成、「自分が源」を徹底すると成功する!?

  • 2018.09.06

《ダイジェスト》 「ペルソナ採用」が自社に合う学生をとり、育てやすさを実現する考え方になります。「新人育成」は、新人を育てる側の幹部が育つことが必要です。教わりたくない先輩から教わっても、新人は育ちませんから。と考えると、この2つには大きな共通項がありますね。     ―――ゴールを見ているウサギ 1319号―――    <<<「人が集まる美容室」>>>       発行者 コンプラット代表 菊池 […]

1 2 4